フォト

LINK

LINK 3

Twitter

無料ブログはココログ

« 延世大学語学堂周辺の世界一詳しい飲食店ガイド(その1) | トップページ | 韓国(梨大)のサジュカフェで四柱占いをしてみましょう! »

2012年2月 3日 (金)

延世大学語学堂周辺の世界一詳しい飲食店ガイド(その2)

アンニョンハセヨ! イチローです。

 


寒波ですよ、寒波。 大寒波です。
韓国語では、한파 (ハンパ)、いやーほんとハンパないです。

 

...(サムイッ)

と、とにかく日本も相当なことになっているようですけれど、こちらもほんとにハンパないです(もういいって!)

 

まずは、この温度計見て下さい。
これ、昨日の夜なんですけれど、

Y201_2

 
 

 
マイナス19℃!

な、なんなんですか?

喧嘩売ってるんですか?

 

 

そして、日中の一番暖かい時間に、この温度です。

Y202

 

とにかく、一日マイナス10℃より暖かくなりません。

この数日、さすがに夜になると寒いので、人が少ないです。

とまぁ、そんなことばかり言っていてもしょうがないのです。 
寒い冬は、暖かくして、ブログでも読んでください。
そして、暖かくなってきたら留学してください(笑)

経済の活性化のために、ボクはブログを書くのです。

 

 
さて、前回は延世大学語学堂の裏口側から出た方の飲食店情報をご紹介しました。

「しかしねぇ、やっぱりほら、人は王道を歩かないとでしょう?」
「人生裏街道ばかりじゃダメなのよ!その点、うちの子は・・・」


いつも隣近所の奥様形に息子自慢をする時にこのような枕詞から始める鈴木さんの奥さんもニッコリの、
今日は正面から出た方にある延世大学語学堂周辺、徒歩5分圏内の飲食店情報です。

延世大学語学堂の正面ロビーは、1階ですけど2階です。 2階だけど1階とも言えますけれど。
とにかく、正面側を出て、左に下ります。

 

 

まずは、この地味な店。「finn」

Y203

ここのお勧めはサルグクス(米粉の麺)です。 寿司とのセットもあって、静かなたたずまいとは別に、入ってみると意外といつも混んでます。
前は、CNBLUEのヨンファそっくりで、本人もかなり意識していると思われるイケメン店員がいらっしゃったのですが、今もいるかなぁ?行った人は教えてください。

 

 

そして、その隣りには、延世大学の語学堂に通って、ここを知らない人はたぶんいないであろう有名店

「タルギコル」

Y204

いろんな意味で韓国式なお店で、1級の頃は良く行ったけどなーっていう人も多いですけど、一度はぜひどうぞ。 延世大学語学堂を思い出すときには必ず一緒に思い出すという学生も多いはずです。

 

 

そして、その斜め向かいのビル。

1階は、「Casa della Luce」というカフェ。 

意外と落ち着きます。つがいのインコが可愛いです。

3階は、「ヘンボクシクタン」
テンジャンチゲ、キムチチゲ、チョングッチャン、プデチゲ、ポッサム・・・
このあたりを食べるなら、この界隈一押しです。

パンチャン(おかず)もこだわりの素材で、美味しいです。
なぜか、計算のときに英語を使いたがるアジュマがまた素敵です。
 

4階は、「シャブシャブ」
もちろん、シャブシャブ屋さんです。
昼間っから、シャブシャブのコース料理が、ものすごい格安で食べられます。ここもお勧め。

Y205

 
 
 

 

 

さて、この四つ角のもう一つの側の1階にあるのが
「ジェシカ」 

Y206

韓国に最近よくこあるこのスタイル、サラダランチバイキングです。

 

  
そして、そのビルの2階にあるのが「フグや」

Y207

フグ屋さんですが、ボクの一番のお勧めはヨンヤンタッコムタンです。
あっさりとした塩味スープで、優しいお味です。

 

 

大通りに出て、今日は右に行きます。
すると、右側にあるのが、このパン屋さん「ベーカリー梨花ダン」

Y211


一応延世大学語学堂の学校御用達だったんですが、どうかなー隣にいきなり大手のパリバケというチェーンのパン屋さんが出来てしまって・・・
応援してあげたくなるお店です。

 

その先には、タイ料理の「タイ・エクスプレス」

Y208

あっという間にタイの気分です。

 

ソンブクトンの記事でもご紹介したことのある、

ワッフルのカフェ「スローガーデン(梨大店)

Y209

最近はそれでも、外に流している音楽が、むちゃくちゃひどい選曲というところからは脱却しました(笑) それでも、結構どうかと思う曲も流れています。

なぜ、そんなに外に流している曲が気になるかって言うと、ここの前に横断歩道があって、その信号が変わるまでとても長いからなんです。

 

 

  
その先を右に曲がるとそこには、「石蘭」

Y210

高級韓式料理店で、黒塗り御用達のお店です。

まぁ、語学堂に通っていても、そして1級から6級までいても、縁のない場合が多いお店です。

 

と、こんな感じです。

お楽しみ頂けましたでしょうか?

 

延世大学語学堂へ通うみなさん、これから通おうかなと考えているみなさん、ただの旅行の方でも、どうぞ遊びに行ってみてください。

さて、次回はどこへ?

 
 

 

  

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

« 延世大学語学堂周辺の世界一詳しい飲食店ガイド(その1) | トップページ | 韓国(梨大)のサジュカフェで四柱占いをしてみましょう! »

韓国留学@語学堂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627580/43966728

この記事へのトラックバック一覧です: 延世大学語学堂周辺の世界一詳しい飲食店ガイド(その2):

« 延世大学語学堂周辺の世界一詳しい飲食店ガイド(その1) | トップページ | 韓国(梨大)のサジュカフェで四柱占いをしてみましょう! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

aah!education

アーエデュケーション(株)