フォト

LINK

LINK 3

Twitter

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月18日 (土)

ラーメン戦線に異状あり!

アンニョンハセヨ! イチローです。

 

   
今、ソウルではとある旋風が巻き起こり、大規模な戦闘が各地で起きています。

 

いやいや違いますよ、あわてないでくださいね。 そっち方面の焦臭い話ではなく、実はラーメンの話です。

そう、今、韓国では「赤くなく」「辛い」ラーメンが大ブームなのです。

 
赤くない、すなわち白いラーメン。 赤くなくて、それでいてピリリと辛い、そんなラーメンが大ブームなのですよ、奥様!

もともとの火付け役は、こちら、コッコ麺です。

これ、韓国ヤクルトの製品です。

 

Men03


Men06

  

   
「男の資格」という人気バラエティ番組の中でラーメンの達人というラーメンの大会にお笑い芸人のイギョンギュがこのラーメンを持って参加したところからスタートしたんですが、発売してみたら、15日間の間に35億ウォン、1ヶ月で160億ウォンの売り上げをあげ、大ヒット商品になっちゃって、びっくり!

現在は、大型スーパー各店でも、あの不動の辛ラーメンの売れ行きを抜いているという状態です。

今までのラーメンは必ず赤い汁でなければならないという公式を打ち破ったとして、注目されていますよ。

ま、そもそもラーメンの汁が「必ず赤い」というのが固定概念化している時点でかなりな疑問を覚える日本男児なボクなわけですが(笑)

 

CFもちょっと見てみましょうか

 

 

イ・ギョンギュが美味しく作るコツを説明している動画はこちら

 

 

さて、それを黙ってみているわけがない三養食品は、すぐに長崎ちゃんぽんという製品で追随です。

 

Men02

Men05_3


   

コッコミョンが鶏ガラスープなら、長崎ちゃんぽんは、豚骨スープに海鮮出汁で白い出汁を作り出しているのが特徴なんです。

でも、日本人のボクが思う豚骨スープに長崎ちゃんぽんとはちょっとはかなり違い、そのネーミングどうなんだよって思うのですが、よく考えたら、韓国の居酒屋メニューにある「長崎ちゃんぽん」(これ意外とあるんです)はこんな味ですね。
説明できないのですが、飲んだ後に食べると美味しい感じ?(笑) とにかく結構な辛さです。

三養食品は、この長崎ちゃんぽんを、看板商品の三養ラーメンの次の第二の看板商品として扱って、力を入れているって生産ラインをどんどん増やしてるってなんかの番組でやってました。
その割には、CFはどれも地味なんですけれど。

 

 

 

そして、あのオットゥギがついに出してきたのが、こちらのキス麺。

 

Men01


Men04

 

   
こちらも鶏ガラ系で、あっさりとしていて辛い白い(透明な)スープが特徴です。

でも、一番の特徴といえば、CFじゃないでしょうか(笑)

 

ユチョン!

 

   
なんといっても、JYJのミッキー・ユチョン(パク・ユチョン)のCFで一気に猛追している雰囲気ですよ。 さすがに大人気です。

 

 

 

ついでに、ユチョンのCFメーキングもサービスに付けときます(笑)

 

 

そんなわけで、今、韓国では熱い熱い白いラーメン戦争が勃発中なのです。

 

一応、ボクもどれも食べてみました。個人的な趣味では、先発のコッコミョンが칼칼하다というとおり、ピリ辛で、すっきり食べやすいと思っています。

キス麺は、깔끔하다,개운하다という言葉を、韓国の言葉通りとして受け取らなければならない辛さで、日本語訳にしてすっきりさっぱりとは違い、かなりきっぱり辛いです。
長崎ちゃんぽんは豚骨で鶏ガラとは違いますが、こちらも結構な辛さです。

  
どのラーメンも、ちょっと辛ラーメン系の今までのラーメンとは違う系統なので、ぜひ韓国にお越しの際は、チャレンジしてみてください。

ボクも、こんな時間でお腹が空いたので、ひとつ・・・

 

Men07

 

 

  辛いっ(笑)

 

 

 

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

2012年2月15日 (水)

忘れそうになる忘れてはいけない気持ち。。鯖/ Lucid Fall

アンニョンハセヨ! イチローです。

 

   
 

今日はですね、女優チェ・ガンヒさんのエッセイ本をふと本棚から手にとってページをめくっているうちに、ふと、この曲が聴きたくなったんです。 

自分の胸の中をスーッと風が吹き抜けて、

あっ!

て小さく言ってしまうような感覚。

留学エージェント会社とか、
日韓文化の橋渡しとか、
そんなことよりさ、

 

ボクはこんな会社創りたいんだよ。。。

そんな気持ちで。

 

 

 

 

 

고등어/루시드 폴  (鯖/ Lucid Fall)

어디로든 갈 수 있는 튼튼한 지느러미로
나를 원하는 곳으로 헤엄치네

돈이 없는 사람들도 배불리 먹을 수 있게
나는 또 다시 바다를 가르네

몇 만원이 넘는다는 서울의 꽃등심보다
맛도 없고 비린지는 몰라도

그래도 나는 안다네 그동안 내가 지켜온
수많은 가족들의 저녁 밥상

나를 고를 때면 내 눈을 바라봐줘요
난 눈을 감는 법도 몰라요

가난한 그대 날 골라줘서 고마워요
수고했어요 오늘 이 하루도

 

 

どこにだって行ける丈夫なヒレで
僕を望んでくれるところへ泳いで行く

お金がない人たちもお腹いっぱい食べられるように
僕はまたもう一度海を渡る

数万ウォンを超えるというソウルの霜降りロース肉と比べたら
美味しくなくて生臭いかもしれないけど

だけど僕は知ってるんだ 今まで僕が守って来た
とっても多くの家族団らんの夕ご飯

僕を選ぶ時は僕を目を見てください
僕は目の閉じ方も知らないんです

貧しいあなた 僕を選んでくれてありがとう
今日も一日お疲れ様

 

 

<LIVE>

 

 

■ Lucid Fall ■

歌手デビューしてからも学業に力を入れ、ソウル大学 化学工学科を卒業し、スイス、ローザンヌ連邦工科大学(EPFL)で博士学位を取得。
2007年にはスイス化学会 高分子科学部門最優秀論文賞を受賞、同年アメリカで「イン酸化窒素伝達体用ミシェル」の特許出願。
この「鯖」は、第4集の「レミゼラブル」に収録
去年(2011年)の年末には、5集「美しき日々」を発表

 

 

なにも言わず、もう1曲だけ

"Spring Snow(봄눈)"

 

 

 

 

 

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

2012年2月14日 (火)

いまこれを読め!「感性に水をやる」コン・ヘジン

アンニョンハセヨ! イチローです。
 

 

   
今日は、ちょっと面白い本を紹介したいと思います。

 

タイトルは

感性に水をやる -キラッ光る瞬間を研ぎ澄まし、水をあげること-」

 

Murj01


この本の著者、コン・ヘジンさんは、自らを日常記録工作家と呼んで、愉快な「一人遊び」の100の方法を紹介していらっしゃいます。

 

「最近なんで私、こんなに息苦しい生活なのかしら?」

 

「なんかこの頃、悲しい映画を見ても涙も出ない・・・」

 

「毎日毎日が同じで真新しいものが何もないな」

 

こんな人たちに、もしかして本当は光り輝く感性に水をやるのを忘れてませんか?
と問いかけながら(たぶん)、「自分だけの感性探しプロジェクト」を提案しています(たぶん)

 

この本、ほんとに面白いんです。

一緒にちょっと中身をのぞいてみましょうか?

 

 

□ たとえば、勝手に資格認定証をつくって発行し、授けちゃおう!

Murj03

      
 

 

                 
□ 一粒のお米にも農夫の汗が込められているとの話を聞いて人さじの米粒を数えてみる

Murj10

      
    

 

 

          
□ 考えることが多すぎてキレそうになったら、一日ひとつのことだけ観察してみる、

たとえばネコの1日の姿

Murj04

 

 

 

  
□ 自分はどっち派か調べてみよう、たとえばズボンを履くときどっちの足から履くか?

 Murj05

 

 

        
 

       
□ 美味しい旬の果物や野菜を食べるために生活カレンダーを記録する

Murj06

 

□ 自分だけのゆるーいラジオ体操の動作を完成させる

Murj07
     
       
   

 

 

□ よく店先のドアなどに貼ってあるカード加盟店表示シールのように、

こっそり自分だけがわかるその店の認定表示シールを作ってあちこち貼って回る

Murj08

 

 

  
□ 雪だるま作成公式ガイド

Murj09

 

なんだこれ?って笑いながら読んでいるうちに、なんとなく自分もやってみたくなってしまうことの数々・・・

押しつけがましい教えとか、何もないところが一番素敵です。

 

Murj02

ソウルに来たら、書店ものぞいてみて下さい。

韓国にも、面白い本が結構ありますよ。

 

 

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

2012年2月12日 (日)

ソウルの裏路地で出会う、懐かしの日本風洋食屋さんの味!

アンニョンハセヨ! イチローです。
 

 

さて、前回は梨花女子大学の正門前にあるサジュカフェ(四柱占いカフェ)の話題でしたが、今回も引き続き留学生の街、梨大から素敵なお店の紹介をいたします。

  
梨大と言えばね、それは女子大生ですよ(笑)
で、女子大生と言えば、オシャレな食事をしたい。

「あ、でも高いのはイヤよ!あと量が少ないのもイヤ!(韓国語で)」
みたいなニーズ。

一方ところで、ボクたちのような留学生や在住者は旅行の方とは違い、当たり前ですが、毎日韓国で暮らしていて、毎日韓国料理を食べています。 基本的に韓国料理大好きなのでまったく問題ないのですが、それでも

「今日は、日本のハンバーグみたいなのが食べたいなぁ」

「なんか、ロールキャベツとか、美味しい店って無くない?」

「コロッケとかさ、あー食べたい、普通のソースの味で食べたいっ!うううっ」

 

こんな日があるわけですよ、お客さんっ!

そんな需要に一気に応えてくれる素敵なお店が梨大にあります。

 

それが、ここ 「Bistro 6942」 というお店です。

 

01
 

 

 
場所は、梨大を知っている方なら、オンマソンの一本下のコルモッって言えばわかってもらえるかな、あるいはapmの大学寄りの小道を入って、2つめの階段を下りたところと言えば良いかな?
とにかく、まぁそんなところにあるわけです。

外見は、このようにシンプルでオシャレ。

 

02

店内もこのようにシンプルでオシャレです。

03


もともとボクがこのお店を知ったのはTwitterなんです。 たまたま韓国語のつぶやきを見て、なんとなくフォローさせて頂いていて、行こう行こうと思いながらなかなか時間が無くて行かれなかったお店だったんです。

でもずっとこのところ、ロールキャベツのようなものがどうしても食べたかったので、夜中にフォロワーさんの一覧を1から見直してアカウントを探し出し、やっと行って来ることが出来たという経緯があります(笑)

 

で、単品での注文ももちろん可能なのですが、

なのですが、ですよ、

なのがですよ、お客さん!

ここのお勧めコースのようなメニューがすごいんです

たった1万2000ウォンで、この大食いでならしているボクもノックアウト。

 

ゆっくりと食事を楽しんだり、お話しを楽しんだり、音楽を楽しんだり、そんなことが満喫できる「コース」でこの衝撃価格!

世の中、今はスローフードですよ。

 

まぁ、見てください。

05

最初はこんな感じでサラダからスタートです。
ポテトサラダ、ジューシーなミニトマトにあっさりとした日本風のドレッシング。
う、うみゃいっ!

 

そうして、次はスープ。
野菜の色も綺麗に出ています。ニンジンも綺麗にお花の形にカットされていて仕事が丁寧ですね。

06

 

  
あ、言い忘れましたが、このお店のご主人は日本の方です。

そして美人の奥様は韓国の方です。
日韓の良いところどりのようなお店です。

ホントはとーーっても素敵なお二人の写真もあるのですが、奥様が恥ずかしがり屋さんなので、美人で素敵な奥様をご覧になりたい方はお店で直接ご鑑賞くださいㅋㅋㅋ

 

話がそれてしまいました。

ここから肝心な、そ・う!

ロールキャベツですよ!

ロールキャベツ、ロールキャベツ!♪♪

 

07


見て下さい、この色つや! 見えないとしたら写真が下手なだけです。 写真クリックすれば大きくなるので、よーく見てくださいw

だけど、ものすごく高級料理店で食べるようなものではなく、本当に優しい雰囲気と優しい味です。 

 

 

・・・なくなった嫁の味を思い出します(涙)

 

 

あ、なくなってなかった! 嘘です、ごめんなさい。 日本に残してきている嫁が作ってくれるロールキャベツを思い出させる、そんな温かい雰囲気です。

嫁が付き合いはじめのころ、家に遊びに行った時に作ってくれたロールキャベツをなぜか思い出しました。。

懐かしいですね・・・(遠い目)

と、とにかくね、優しい美味しさなんですよ。

ディスイズ、ロールキャベツ!

アムリセンガッケド、これこそがロールキャベツ、という味です。

 

08


あっという間に食べてしまいました。

すると次に小さなドリアが登場!
この可愛さたまりませんね。

コクがあるのにくどくない。。。

09


いちいちが懐かしの洋食屋さんチックで、しかも味付けが、ありがちな「これでもか!」っていう押しつけ感がまったくなく、とにかく優しいのです。

ふと気がつくと傍らに立っている人のような味というのでしょうか?

 

 
あの強面顔でどうしてこんな優しい味を・・・(爆) ごめんなさい(笑)

 

いや-、と、とにかくお腹いっぱいで満足したなって思った頃に、

さらにどーーーんと、こちら!

 

10

 

 
肉から海産物まで満載、そして味がまた、これまたカツ丼のような洋食屋さんテイスト!
日本が恋しくなっているホームシック気味な日本人留学生が食べたら、思わず泣きながら日本帰国のエアチケット予約してしまうかもしれないくらいのお味です。

 

そして、ご飯とここだけなぜか韓国チックなピクルス類が出て、

11

 

やっと今回は終了です。 食べた~!

 

04


お任せが楽しいので、次は何が出るか楽しみですね。 ハンバーグやシチューなんかが出てくるのをまた楽しみに、さーて誰誘って行こうかな^^ 一緒に行きたい人はご連絡ください。

とにかく、お店を出るときに、なぜかニッコリ、温かくなるお店です。

梨花女子大学、延世大学、西江大学、弘益大学あたりの留学生さんはぜひ!
あ、もちろん、他校からでも、ご旅行の際でも尋ねる価値があるお店です。


14

 Bistro 6942

  서대문구 이화여대3길 12-4

  TEL 02-363-6942

  営業時間 11:30~22:00

  日曜日がお休みです。

 

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

2012年2月 4日 (土)

韓国(梨大)のサジュカフェで四柱占いをしてみましょう!

アンニョンハセヨ! イチローです。


最近、こうやってブログを書きながら、正直、もっと留学の情報的な内容を書かなければならないんじゃないか、そういう記事をもっと読者の方は読みたい、探したいんじゃないかと思うときがあります。


 
でも、考えれば考えるほど、実はそういう情報を書くには勇気がいるんです。

なぜなら、ここはブログですよね。 ホームページなら、まだいつも新しい情報に更新することで情報が生きてる(使える)状態を保てます。
 

でも、待ってください。 ブログって昔書いた記事を、何かにつけて修正とかしないですよね?

たとえば、ここにビザについて取得の方法を書くとか、韓国での携帯電話の買い方、借り方を書くとか、外国人登録のこと、ハスクのこと、銀行口座のこと・・こういう記事を書こうかなといつも思っています。

でも、それをしないのは、情報に責任を持てなくなるからなんですよね。
韓国って、年中、制度が変わります。 人(担当する人)によって、変わります。 そして、ブログは検索すると昔の記事でもキーワードで上がって来てしまいます。

それが証拠にビザの記事を例に、ちょっと検索してみると、D-4を取得するのに1ヶ月以上かかると書いてあるものがいくつも出てきます。
これを信じて、問い合わせてくる方ってとっても多いですよね。

あるいは出入国管理事務所でのビザ延長や外国人登録、再入国許可・・・ボクが語学堂に通っている間に、3度延長に行きましたが、毎回制度が変わっていました。
これをきちんといつもいつも正しい情報として管理できるのか?

そのようなわけで、ブログにはあまりこういう記事を書けないでいるというのもひとつの理由なんです。 決して良く知らないから・・・だけではないんです(笑)
でも、最近そういう要望も少しあるので、どうしようかなと。。。
 
 
と、いつもよりちょっとまじめな始まり方からスタートしましたが、

実はそんなことを考えながら、今日はお仕事の関係で梨花女子大学の方に向かって歩いていました。
そこで、なんか面白いネタないかなーと、それまでの考えごとをやめた瞬間にひらめいてしまいました。

 

 

 

これこそ神の啓示!

 

 

  
そだ、サジュ 行こう!
 
 

 

 

サジュです。サジュ。

 

 
韓国には「四柱カフェ」と言って、カフェでお茶を飲みながら四柱占いをしてくれる店がたくさんあります。 その点カフェなんで気楽に占ってもらえてお茶もできるんですから。

 

生年月日と時間を干支に当てはめてその人の命を推すのが「四柱」で、
生年月日と時間を十干十二支で表すと全部で8文字になることから「四柱八字(サジュパルチャ)」と言います。

よく韓国ドラマをみると、結婚するときに母親などが見て貰ったりしますよね。アレです。

 

 
 
 
で、そのサジュカフェで、日本人にも有名なお店が梨花女子大学の正門近くにあります。

 

それが、ここ 「サジュカフェ エロス」 です。

Sj01


ここ、延世大学や梨花女子大学の学生、もちろん語学堂の留学生の女性たちは本当に良く行っているのではないでしょうか? ボクも語学堂に通っている時に、よくクラスメイトの女性たちから一緒に行こうと誘われたり、彼女たちが行ってきた話を聞いて存在は良く知っていました。

でも、特にまぁ、差し迫った理由もないので、また今度みたいな感じで流していたのですが、今日は何しろ神の啓示です。
 
神様が、「行ってブログネタにしろ」と下さった機会を無視するわけにはいかないのです。

 

Sj02


ここ「エロス」は旅行者でも大丈夫。 日本語ができる先生がたくさんいらっしゃるようで聞いたら日本からのリピーターの方がたくさんいらっしゃるそうです。
日本語ができない先生でも、通訳をしてくれる人がいる場合もあるそうで、安心して行かれますね。 でも大人気なので、予約しても待つことがあるということ。

 

 
 
 
ところでなんか、占いというと、暗いところで、個人的にひそひそとやるというイメージでしょう?
特に、韓国の占いとかいうと、頭とかにいろいろつけて、ちょっと目つきがいっちゃってる女性占い師が、なんかお告げのように何か占う・・・みたいな。
そんなイメージもあるし・・・

 

 
 
 
しかし、こは明るいカフェです。 中も普通のカフェです。
恋人たちが明るい窓際の席で、

「オッパ、アタシが好き?」

「当たり前だよ、ヒョジョナ」

「ほんと?じゃさ、どのくらい好き?」

「ハヌルマンクン!(空ぐらい好き!)」

・・・こんな会話をしながらスキンシップ。

ベタベタイチャイチャ(韓国ではよく見る光景なんです)していても少しも違和感がないカフェです。

 

Sj04


そんなベタイチャの、いやいや、明るい店内の様子にちょっとほっとしながら、すぐできるか尋ねてみると、日本語のできる先生だと待たなければならないようでしたが、韓国語ができればすぐできるとのこと。

(みなさん、韓国語勉強しましょうね!^^)

 
で、実際に、頼んだ飲み物よりも先に先生がいらっしゃいました。
 
あ、カフェなので、お茶は別途注文しなければなりませんが、普通のカフェと値段は一緒です。
 
 
 

で、おそるおそるの占いスタート。

なにやら先生、手帳と付き合わせながら、いろいろ文字を書いて行き、線を引いて行きます。

Sj03

 

ひととおり書き終わると、先生、ボクの顔をまじまじと・・・

 

 
 
 
せ、先生。 な、なんなんですか? なんか悪いんですか?
先生、心臓に悪いです。 来年死ぬかもとか言われたらとか心配になりました。

 

 
でも、特にそういう恐ろしいことを言われることもなく、でもなんだかずばすばと当てるし、すばすばとものをいうのですね。
 
いろいろと仕事のことなど占ってもらったわけですが、ひとつ明らかになったことがあります。
やっぱりボクは日本より韓国にいる方が、カラダには合うらしいです。

Sj06


どうもボクは陰陽五行のうち、水が多いらしく、火がないらしいんです。

 
いやいや、非がないんじゃなくて、火ですよ。 、ファイヤー!!

ユーファイヤー!!

 

Sj07


まぁ、そんなところを導入として、いろいろと各方面について20分~30分程度、ご説明くださいました。 

「思った以上に面白いもんじゃないの、アンタ!」と、急に思考がおかみさん風です。

 

料金も、お茶も含めて 25,000W (2012/02/04現在)と、日本とかと比較してもお安いほうではないでしょうか?

Sj08


韓国語が出来る方、出来つつある方、、、出来そうな方(笑)
そして、語学堂に通う学生さん、これは実践のお勉強のひとつです^^
思い切って、韓国語で占ってもらうのはどうでしょう?

 

なお韓国語で占ってもらったお客さんは、アフターケアとして、同じ先生に限り無料でアフターを受けられるそうです。

  
 

Sj09

 

 

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

2012年2月 3日 (金)

延世大学語学堂周辺の世界一詳しい飲食店ガイド(その2)

アンニョンハセヨ! イチローです。

 


寒波ですよ、寒波。 大寒波です。
韓国語では、한파 (ハンパ)、いやーほんとハンパないです。

 

...(サムイッ)

と、とにかく日本も相当なことになっているようですけれど、こちらもほんとにハンパないです(もういいって!)

 

まずは、この温度計見て下さい。
これ、昨日の夜なんですけれど、

Y201_2

 
 

 
マイナス19℃!

な、なんなんですか?

喧嘩売ってるんですか?

 

 

そして、日中の一番暖かい時間に、この温度です。

Y202

 

とにかく、一日マイナス10℃より暖かくなりません。

この数日、さすがに夜になると寒いので、人が少ないです。

とまぁ、そんなことばかり言っていてもしょうがないのです。 
寒い冬は、暖かくして、ブログでも読んでください。
そして、暖かくなってきたら留学してください(笑)

経済の活性化のために、ボクはブログを書くのです。

 

 
さて、前回は延世大学語学堂の裏口側から出た方の飲食店情報をご紹介しました。

「しかしねぇ、やっぱりほら、人は王道を歩かないとでしょう?」
「人生裏街道ばかりじゃダメなのよ!その点、うちの子は・・・」


いつも隣近所の奥様形に息子自慢をする時にこのような枕詞から始める鈴木さんの奥さんもニッコリの、
今日は正面から出た方にある延世大学語学堂周辺、徒歩5分圏内の飲食店情報です。

延世大学語学堂の正面ロビーは、1階ですけど2階です。 2階だけど1階とも言えますけれど。
とにかく、正面側を出て、左に下ります。

 

 

まずは、この地味な店。「finn」

Y203

ここのお勧めはサルグクス(米粉の麺)です。 寿司とのセットもあって、静かなたたずまいとは別に、入ってみると意外といつも混んでます。
前は、CNBLUEのヨンファそっくりで、本人もかなり意識していると思われるイケメン店員がいらっしゃったのですが、今もいるかなぁ?行った人は教えてください。

 

 

そして、その隣りには、延世大学の語学堂に通って、ここを知らない人はたぶんいないであろう有名店

「タルギコル」

Y204

いろんな意味で韓国式なお店で、1級の頃は良く行ったけどなーっていう人も多いですけど、一度はぜひどうぞ。 延世大学語学堂を思い出すときには必ず一緒に思い出すという学生も多いはずです。

 

 

そして、その斜め向かいのビル。

1階は、「Casa della Luce」というカフェ。 

意外と落ち着きます。つがいのインコが可愛いです。

3階は、「ヘンボクシクタン」
テンジャンチゲ、キムチチゲ、チョングッチャン、プデチゲ、ポッサム・・・
このあたりを食べるなら、この界隈一押しです。

パンチャン(おかず)もこだわりの素材で、美味しいです。
なぜか、計算のときに英語を使いたがるアジュマがまた素敵です。
 

4階は、「シャブシャブ」
もちろん、シャブシャブ屋さんです。
昼間っから、シャブシャブのコース料理が、ものすごい格安で食べられます。ここもお勧め。

Y205

 
 
 

 

 

さて、この四つ角のもう一つの側の1階にあるのが
「ジェシカ」 

Y206

韓国に最近よくこあるこのスタイル、サラダランチバイキングです。

 

  
そして、そのビルの2階にあるのが「フグや」

Y207

フグ屋さんですが、ボクの一番のお勧めはヨンヤンタッコムタンです。
あっさりとした塩味スープで、優しいお味です。

 

 

大通りに出て、今日は右に行きます。
すると、右側にあるのが、このパン屋さん「ベーカリー梨花ダン」

Y211


一応延世大学語学堂の学校御用達だったんですが、どうかなー隣にいきなり大手のパリバケというチェーンのパン屋さんが出来てしまって・・・
応援してあげたくなるお店です。

 

その先には、タイ料理の「タイ・エクスプレス」

Y208

あっという間にタイの気分です。

 

ソンブクトンの記事でもご紹介したことのある、

ワッフルのカフェ「スローガーデン(梨大店)

Y209

最近はそれでも、外に流している音楽が、むちゃくちゃひどい選曲というところからは脱却しました(笑) それでも、結構どうかと思う曲も流れています。

なぜ、そんなに外に流している曲が気になるかって言うと、ここの前に横断歩道があって、その信号が変わるまでとても長いからなんです。

 

 

  
その先を右に曲がるとそこには、「石蘭」

Y210

高級韓式料理店で、黒塗り御用達のお店です。

まぁ、語学堂に通っていても、そして1級から6級までいても、縁のない場合が多いお店です。

 

と、こんな感じです。

お楽しみ頂けましたでしょうか?

 

延世大学語学堂へ通うみなさん、これから通おうかなと考えているみなさん、ただの旅行の方でも、どうぞ遊びに行ってみてください。

さて、次回はどこへ?

 
 

 

  

■ 韓国語学留学なら、aah! education にお任せください!

 

 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

aah!education

アーエデュケーション(株)